教育福祉インターンシップA

教育福祉インターンシップバナー2

▼カリキュラム内容

インターンシップでは企業が対象になりますが、それに加え、学校等機関・国や地方自治体・NPO などに対象を広げて活動しています。学校等機関では障害児の支援、スクールソーシャルワークの実践、国や地方自治体では政策立案過程に関わるなど、幅広い活動を行っています。必要に応じ政策立案や様々な課題解決に関わる活動の機会を提供しています。カリキュラム内容は、インターンシップ活動への参加、日誌の作成と提出および報告会への出席とプレゼンテーションです。

▼行き先

公的機関、政策立案に関わる地方自治体、NPO、全国の社会福祉協議会、学校など

▼参加学生の声

・自分が思っていること・感じたこと・考えていることは言葉に出して伝えなければ決して伝わらないということを実感し、それらは伝える力が求められていることを感じましたし相手を肩書きだけでとらえるのではなく相手としっかり向き合おうとする意志(力)が求められていると思いました。

・もともとが下手だったので経験することによって少しは成長したかなと。他人のスライドの作り方、話し方、表情など学ぶべきことが多くて次にいかせるかなと思う。他人の意見に対し意見をすることでその意見に対しよりよくしていこうという思いを伝えることができるのではないかと思う。

・社会企業家の方の熱意とゆるぎない信念、負けん気、また、人を大切にすることを学んだ。みなさん大変なはずなのにきらきらととてもよい表情で、生き方も学んだ