学類長あいさつ

教育福祉学-可能性への学び

 教育福祉学は、生涯にわたり人間の生活と発達を包括的に保障し、支援する学問です。本学類では、教育、福祉、保育に関する知を体系的に学ぶことができます。
 その学びには2つの大きな特長があります。ひとつは、学際的思考が身につくことです。福祉の視点を持つ保育、教育のマインドのある福祉、という学問分野をまたぐ思考です。複雑化した社会では多分野の連携・協働が必要です。もうひとつは、自ら、かつ、ともに学びを生み出していくことです。生活・社会問題は、答えがひとつとは限りません。柔軟に、よりよい方向を新たに生み出す力が求められています。
 学生参加型の授業、少人数のゼミ、地域のフィールドワークや海外インターンシップなどを通して、特色ある学びを獲得することができます。このことが、行政、福祉、教育、一般企業など多様な分野での就職につながっています。教育福祉学類は、そんな可能性に出会える場です。

教育福祉学類長
小野 達也