教員・ゼミ紹介

category

松田 博幸(まつだ ひろゆき)

ゼミ紹介

p_14社会生活上の何らかの生きにくさをもつ本人(当事者)が自分たちの手で運営しているグループや組織(セルフヘルプ・グループなど)の活動について学びます。そのようなグループ・組織の活動そのものでなくても、それに関係するようなテーマ(ex. 当事者とは誰のことなのか、当事者性とは何なのか、etc.)についてていねいに考えたい人はぜひ受講してください。
《これまでの卒論テーマの例》
・サバイバーにとってセルフヘルプ・グループはどのような意味をもつのか
・精神障害を持つ当事者がセルフヘルプの形で働くことの意義
・学校教育と当事者組織の連携に関する考察
・ガン患者家族は日々生きる中で、何を思い、何を感じているのか:自らの体験を通して
・「障害」ということばからの解放
* 卒論指導(ゼミ)希望者が多数の場合
「セルフヘルプ・グループ論」を履修している人を優先します。
オフィスアワー: 金曜日12:10~12:55

メールアドレス

matsuda(at)sw.osakafu-u.ac.jp     ※メール送信時は(at)を@に変えてください。

 

プロフィール

研究テーマ

セルフヘルプ・グループ(自助グループ)とは何なのか?

<h3 style=”clear: both;font-s

おもな著作

松田博幸「当事者性をめぐる自己エスノグラフィーの試み」 日本社会福祉学会 編『対論社会福祉学 4 ソーシャルワークの思想』 中央法規出版 2012年 pp.217-244.

主催している主なセミナー等
大阪セルフヘルプ支援センターというところで、月例会やセミナーを開いています。

主催している主なセミナー等

趣味

かつては、楽器演奏とか、旅行とか書いていましたが、最近はまったく手を出していません。趣味といえるかどうかわかりませんが、「脱出ゲーム」(リアルではなく、パソコン上の)に少しはまっています。


▲教員・ゼミ一覧へ戻る